今後の需要が高まると言われている、UV印刷について

UV印刷とはUV印刷専用インキを紫外線照射によって瞬間的に硬化乾燥させる印刷方法です。

UV印刷を行う印刷機には紫外線照射装置が組み込まれています。UVインキは即乾性が強く紫外線を照射すると秒速で硬化するインキのため裏移りの心配もなく裏移り防止のパウダーが不要です。これによりフィルム印刷、PP、PET、ユポなどの合成紙、アルミ蒸着紙などの油性インキでは難しい特殊素材への印刷が可能です。

UV印刷の特徴について

乾燥時間がほぼ不要のため印刷直後から後加工にかかれるので納期の短縮ができます。またUV印刷はインキが硬く印刷表面が摩擦に強く擦れても色落ちしにくい特徴をもっています。UVインキは蒸発物や溶剤を含んでいないので環境にやさしいインキです。また油性インキよりも臭いが少ないので食品関係の包装にも向いています。

UVニス、UVインキ

UVニスもUVインキ同様に紫外線照射すると瞬時に硬化します。紫外線照射でUVニスを硬化させることにより強いニスの皮膜ができ光沢を出すだけではなく表面を傷から守ります。またUV専用ニスと光沢ニスの2種類の性質の違うニスを使用することによってオフセット印刷でエンボス調の凹凸を表現することもできます。印刷物に特殊な効果を与え通常の印刷とはひと味違う質感を表現できます。

UV印刷のデメリット

UV印刷の問題点としては油性インキに比べてUVインキが高価なことと、高額な紫外線照射装置が必要なことです。UV印刷にはこのような特徴がありますが油性インキによる印刷ではできなかったことがUV印刷の技術を使うことにより可能にできるようになっています。

2010/11/18 19:54
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @akifumi_t


関連ページ