CDの記載マークについて 著作権表示・原盤権表示など

音楽CDなどをの盤面やジャケットまたは裏カードなどを見ると細かい英字や数字などが印刷されていることがあります。(P)とか(C)などのマークのことです。

(P)マーク

Phonogramの頭文字の略称で、最初の発行年を記載します。

(P)マークはオーディオCDに関するレコード製作者の原盤権について、「実演家、レコード製作者及び放送機関の保護に関する国際条約」という国際条約に基づく保護を受けるためのものです。

表記方法は(P)、著作物の最初の発行年、製作者を記載します。

ベスト版ですと過去何年間かのシングルのヒット曲を1枚のCDに収めたものなので、そのアルバムに収録している曲のそれぞれの最初の発行年をすべて記載しなければなりません。

(C)マーク

Copyrightの頭文字の略称で、著作権ほを示すものです

(C)マークは万国著作権条約の規定に基づく 条約上の保護を受けるための表示です。ジャケットのデザインや歌詞や楽譜などの著作物全般を保護するための表示です。記載することによって、官庁への登録が必要な国でも著作権保護が受けられます。

(L)(Y)マーク

邦盤をあらわすマークです 洋盤を表すマークです

(L)は邦盤をあらわしています。
(Y)マークは洋盤をあらわしています。

邦盤と洋盤の区別は、音楽そのものが邦楽か洋楽かではなく、 収録されている作品の音源(原盤)が国内か外国かということです。
(L)=国内原盤、(Y)=外国原盤を識別するための記号でその大きさは直径約3ミリとされています。

日本レコード協会の規格です。

(×)マーク

このマークはレンタル禁止を表します

(×)マークはレンタルを禁止するためのマークです。

日本レコード協会の規格です。

2010/07/09 17:36
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @akifumi_t


関連ページ