CDのマスタリングとは?

マスタリング風景

マスタリングとは様々な素材を記録媒体に収録し量産用プレスをする原盤をを作成する作業のことです。

音楽CDのマスタリング

音楽メディアのマスタリングとは録音済みの音源を編集加工して、CDプレス用のマスターCDをを作成する作業のことです。

まず曲を作る段階で、楽器ごとに別々に録音して音質や音の定位などを調節します。この作業をミックスダウンといいます。そしてミックスダウンして2ch(ステレオのLR)にまとめられた音源に最終調整として行うのがマスタリングです。

編集作業はマスターテープから曲順変更、曲のレベル、音質、音圧の調整などを行いプリマスターCD-Rを作ります。

音圧調整では音楽全体の音圧を整えて、各曲のボリュームを聴きやすく平均化し、ノイズに埋もれることなく全体のバランスを崩さないで再生できるようにします。

マスタリングは一枚のCDを通したときに楽曲間の音像の統一をもたせるために行います。マスタリングは楽曲やアルバム全体の印象を決める重要な作業です。

リマスタリングとは?

再販CDなどでリマスター盤というものがあります。これは一度マスタリングしたものをやり直すことです。

現在の最新の音響技術や機材を使用して、オリジナルのマスターテープからもう一度マスタリングし直すことで、音楽をよりクリアーで、より現代的な音質で楽しむことができるようになります。

このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @akifumi_t


関連ページ