海外プレスのメリット・デメリット 品質について~

海外プレスのCD、DVDを輸送する飛行機の風景

いつも国内でCDプレスを行っているお客様から、「国内プレスから海外プレスに変更することは、納品に時間がかかるし、品質の保証もなく、リスクが伴うので難しい」というご意見を聞くことがありました。

一部、誤解されている所もありますので、弊社の海外プレスのメリット、デメリットについて説明させていただきます。

納期について

まず納期ですが、国内プレスが早くて海外プレスは遅いというのは最近では当てはまりません。弊社の場合、納期優先でご発注をいただけば、DVDは最短で4営業日後の発送が可能です。4営業日など超短納期をご希望される場合、あらかじめ工場とスケジュールを合わせるために予定を入れておく必要がありますが、海外プレスも短納期に対応できると考えております。

ただしデメリットとして通関の問題がございます。弊社の実績ベースで言いますと1%以下ですが、まれに通関で+1日ほどかかる場合があります。通関の対応次第で弊社の力ではどうしようもないのが実情です。お客様にご迷惑をお掛けすることがございます。その場合もできるだけご迷惑をお掛けしないよう、弊社の方で納期に余裕を持ったり、空港まで行くなど出来る限りの対応はとらせていただきます。

品質について

次に品質ですが、国内プレスが良くて海外プレスの品質が劣るということは一概には言えません。一部の海外プレスで品質の悪い工場も存在し、不信感を持たれる方もいらっしゃるのは事実ですが、弊社ではISO9000取得工場で生産しておりますので、国内プレスの品質と同等の品質をお約束いたします。

料金について

弊社の海外プレスの場合スタンパー料金は無料です(プレス代に含まれています)。国内プレスでは通常スタンパー料金がかかります。

一般的な料金についてはもちろん海外プレスの方が安い場合が多いです。

それでも海外プレスが適さない場合もございます。

弊社としましてはお客様のご要望に応じて、海外プレス、国内プレスをお勧めいたします。
ご要望によっては国内プレスの方が適してる場合もございます。

ホームページ掲載商品は海外プレスのみですが、弊社がお客様に満足していただける商品を提供できたら考えております。

2010/09/19 19:09
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @akifumi_t


関連ページ