マスターがDVD-R とDLTとでは、何の違いがあるのですか?

DLTは、DVD-Rとメディアの構造が違い、安定したメディアとして位置づけられています。そのため、スタンパーを制作する時にエラーが生じにくいです。また、DVD-Rをマスターとして使用した時、マスターDVD-Rメディアのドライブとの相性が良くない場合には、マスター DVD-Rと全く同じ相性をもったDVDがプレスされてしまいます。DLTでご入稿いただいた場合は、DLTから直接スタンパーを制作することができますので、非常に高い精度をもったDVDが制作できることになります。一般販売用途をお考えの方は、出来ればDLTマスターを作成し、ティスティングプルーフを作成して、十分な再生テストを行っていただくことをお奨めいたします。

2010/06/02 10:38
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @akifumi_t


関連ページ