DVDプレスのマスター入稿について

パソコンを使い入稿用のデータを制作している風景

入稿時の注意点

1.DVDフォーマット

DVD-ROM、DVD-VIDEO、DVD-ROM/VIDEO(HYBRID)を指定していただきます。

2.支給マスターの種類

DLT、DVD-R、DV-CAM、mini-DV

3.コピーガードの有無

CSS、APS(APSの場合はマクロビジョン社とライセンス契約が必要です)を決めていただきます。
コピーガードをかける場合はDLTでマスター入稿していただきます。

4.盤面印刷

シルクスクリーン印刷、オフセット印刷

5.印刷物の仕様

ケースの種類によって印刷物の仕様は異なります。データ作成の際は弊社のテンプレートをご使用ください。

6.ケースの仕様

DVDプラケース、DVDトールケース(プラケースのトレイとトールケースの色は白・黒・透明の3種類あります)、不織布(標準・ティアテープ付き・裏面糊付きなど)、窓付き封筒、バルク納品など仕様を決めていただきます。

7.包装仕様

キャラメル包装、シュリンク包装、OPP包装、包装無しなどの仕様をきめていただきます。

入稿メディア

片面一層式のDVDプレスの際のマスター入稿は片面一層式のDVD-RまたはDLTでお願いいたします。マスターはDVD-RやDLT以外のメディアでも受け付けますが、別途変換費が発生することがあります。片面2層式のDVDプレスの場合はDLTのみの受付になります。

DLTとは

DLTとは磁気テープを利用した大容量の記憶メディアの一つです。1本のテープに圧縮時で最大70GB~80GBのデータを記録することができます。
CSSコピーガードをかけるときや片面2層式のDVDプレスの際のマスターメディアはこのDLTでの入稿になります。

オーサリングをご依頼されるとき

オーサリングをご依頼される場合の入稿はDLT、DVD-RまたはDV-CAM、mini-DVでお願いいたします。これ以外のメディアでの入稿の場合は別途変換費用が発生することがありますのでご注意してください。

オーサリング時の指定項目

・アスペクト比
4:3または16:9
・音声仕様
リニアPCM、ドルビーデジタル
・メニュー画面
静止画か動画、BGMの有無で合計何枚になるかなどを決定します。
・コピーガードの有無やリージョンコードの設定(ALL、2、その他の設定)も決定していただきます。

2010/07/12 17:56
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @akifumi_t


関連ページ