弊社で行うDVDオーサリングについて

DVDオーサリング

お客様からのお問合せでDVDオーサリングに関する対応や価格についてもお問い合わせいただくことがありますが、DVDオーサリングとは編集の終わった複数の映像と音声や文字などを編集してメニューボタンで連動するようにメニュー画面などを制作して一本のDVD-video(ある意味ソフトウエア)を作ることです。市販のDVD-Videoを見てもとてもうまく作られたものや動きのあるものや単純なものなど様々なDVDがあります。

scenarist(シナリスト)を使いオーサリングをしている様子

家庭用のDVDレコーダーやパソコンでも同じようなことはできますが、弊社行うオーサリングは業務用オーサリングソフトとしてScenaristを使用します。お客様の目的や用途に合わせて使いやすいメニュー画面やDVD独自の機能を使ったオーサリングなど、お客様のご要望にお応えできる提案をさせて頂きたいと考えております。

DVDプレスと伴わせてオーサリングも承っておりますのでよろしくお願いいたします。ご不明なことがございましたら遠慮なくお問合せください。価格に関しましてはオーサリングの仕様や長さや入稿形態によっても変わってきますので見積りの際に担当までお問合せください。オーサリング済みマスターDVD-Rで入稿した場合はデータ確認後、プレスにかかりますがオーサリング作業がある場合は、オーサリング終了後に検証盤DVD-Rでお客様にて全編を確認していただき、OKをいただいてからプレスの工程へと進ませていただきます。

2010/09/17 18:43
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @akifumi_t


関連ページ